Top >  防犯:犯罪 >  防犯:ストーカー規制法とは

スポンサードリンク

防犯:ストーカー規制法とは

ストーカー規制法とは、平成12年に、ストーカー行為の被害から守る為に作られた、
ストーカー犯罪の処罰に関する法律の事です。
この法律による規制の対象となるのは、「つきまとい等」「ストーカー行為」の2つです。
ストーカー行為とは、つきまとい等を繰り返し行う行為のことです。
自分が受けた不愉快な行為を、犯罪として相談しやすくなったうえに、
ストーカー犯罪を処罰してくれることが、ストーカー規制法の特徴と言えます。
ストーカー規制法が出来たことによって、つきまとい等を受けた被害者の申出に応じて、
「つきまとい等」を繰り返してはならないことを、警察本部長等が警告することができます。
さらに、警告に従わない場合には、都道府県公安委員会が禁止命令を行うことができます。
ストーカー対策の防犯といっても、自分でできることには限界があると思います。
大音量が鳴る防犯アラームや、盗聴などを防止する機械の利用も検討しながら、
防犯対策を練ると良いでしょう。
万が一、ストーカーの被害にあったら、警察に相談するだけではなく、
はっきりと警告の申し出をしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:補助鍵をつける場所  |  トップページ  |  次の記事 防犯〜電気錠〜  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo