Top >  防犯:対策 >  防犯:補助鍵をつける場所

スポンサードリンク

防犯:補助鍵をつける場所

空き巣は、侵入に時間がかかることを嫌がるので、
主錠のほかに補助錠を付けて防犯性を高めると防犯に効果的です。
複数の錠前を付けることにより、バール等のこじ開けに対する耐久力や、
外からの見た目的にも防犯性が高まります。
補助鍵を付ける位置としては、主錠と離れたドアの上か下に付けるとよいでしょう。
郵便受けに手をつっこんだり、玄関のガラスを割ったりしても、
手の届かない位置に補助鍵をつけておくことも防犯に効果的です。
台所やトイレなどの小窓にも補助鍵をつけるのも防犯対策の一つです。
また、鍵穴がドアノブについているタイプの場合、
ドアとドア枠の間からこじあけられたり、ボルトを切断されたりするので、
ガードプレートがあると安心です。
補助鍵は泥棒に不自然な姿勢をとらせる位置、手の届きにくい位置、
外から見えにくい位置に取り付けることが重要です。
主錠のほかに補助錠を付けて防犯性を高めるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:電気メーターの動きから不在を確認  |  トップページ  |  次の記事 防犯:ストーカー規制法とは  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo