Top >  防犯:安全な暮らし >  防犯:電気メーターの動きから不在を確認

スポンサードリンク

防犯:電気メーターの動きから不在を確認

空き巣や泥棒は、電気、ガス、水道メーターの動きから、不在を確認することもあります。
家庭の玄関先などで見かける電気メーターは、
ちょっとのぞき込むと、小さな円盤がクルクルと回っているのが分かります。
電気の使用量に応じて、早くなったり遅くなったりするので、
当然留守宅は遅くなります。
やはり、狙われやすいのは留守の家なので、安全な暮らしを守る為には、
電気メーターをできるだけ外から見えないように設置することも、防犯の為に大切です。
例えば、外出時であっても、タイマーなどを活用したり、
TVなどを付けっぱなしにしてメーターが回っているようにしておくのも、
安全な暮らしの防犯対策にはよいでしょう。
空き巣や泥棒など、財産や安全をおびやかされる犯罪が増えています。
安全な暮らしの為には、ちょっとした心がけと危機管理の心構えをしっかり持ち、
住まいの安全を守るように心がけるよう出来ることから防犯対策をしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:自宅の留守番電話のメッセージ  |  トップページ  |  次の記事 防犯:補助鍵をつける場所  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo