Top >  防犯:犯罪 >  防犯〜子供が被害に遭う犯罪の種類〜誘拐

スポンサードリンク

防犯〜子供が被害に遭う犯罪の種類〜誘拐

子供が被害に遭う犯罪で、誘拐とは、強制的にまたは、
嘘や子供が喜びそうな事を使って連れ去るという犯罪です。
目的は、身代金目的、性的いたずらなどの目的、
海外移送目的などが主となっているようです。
子供が一人でいる時の方が狙われやすいので、遊ぶときや、
学校の行き帰りも複数で行動することが防犯にもなります。
万一、連れて行かれそうになったら、大声を出すなどの抵抗をして逃げることや、
防犯ブザー、防犯ホイッスルなどを活用する事が必要です。
しかし、いざとなったら怖くて大声が出せなかったりします。
日ごろから大きな声を出す練習をしたり、防犯ブザーの使い方も把握しておきましょう。
犯罪者は言葉巧みに誘い、子供は優しい言葉に騙されてしまうかもしれません。
親は日ごろから誘拐などの犯罪の危険性の指導を行い、
そして、地域内の防犯活動で、子どもが犯罪にあいやすい危険箇所をチェックしたり、
パトロールするなどして、地域で協力して子どもを守りましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:ホームセキュリティーの選び方  |  トップページ  |  次の記事 防犯〜子供が被害に遭う犯罪の種類〜わいせつ  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo