Top >  防犯:犯罪 >  防犯:偽造カード犯罪

スポンサードリンク

防犯:偽造カード犯罪

偽造カード犯罪は、不正に取得したキャッシュカードや、
クレジットカード情報だけを取り出し、偽造カードを作るスキミングという行為で、
銀行の口座から預金を引き出すという犯罪です。
スキミングとは、クレジットカードやキャッシュカードの裏面にある磁気のデータを読み取る、
スキマーと言う機械を使い、ものの数秒で偽造カードが作成出来るという機械のことです。
スキミングが行われる場面としては、お店などでクレジットカードを使用した際、
店員などが裏でデータ読み取り機に、直接カードを通しデータを盗むケースが主流のようです。
店員に悪意があれば簡単に偽造されてしまいますので、支払いの際には必ず立ち会うようにしましょう。
偽造カード犯罪による防犯対策としては、カードの厳正な管理が、重要な防犯ポイントとなるでしょう。
もちろん、暗証番号を他人に知られるような単純な番号にすることは、防犯上危険ですので避けて下さい。
万が一、カードの紛失・盗難・偽造に気づいた場合は
、口座開設店か最寄の本支店まですぐに連絡をするとともに、
最寄の警察・交番へ届出をしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:ごっつん盗  |  トップページ  |  次の記事 防犯:ホームセキュリティーの選び方  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo