Top >  防犯:犯罪 >  防犯:自動車盗難

スポンサードリンク

防犯:自動車盗難

自動車盗難は、窓が開いていたり、無施錠の車が被害に遭うことが多いようです。
わずかな時間でも車から離れる時は窓を閉め、キーを抜いて確実に鍵を掛けましょう。
しかし、自動車盗難の手口はどんどん進化しており、
ウインドウにすき間を開けて、そこに針金をさしこんでドアロックを解除して侵入します。
イグニッションを外してエンジンをかける素人的な犯罪から、
合い鍵を作る犯罪までさまざまです。
現在では、鍵を作る機械は通販などで簡単に購入が可能な上、
使い方も簡単で、わずか5分程度という短時間で合い鍵を作ることができます。
自分だけは大丈夫、という考えを持ってしまいますが、
犯罪者はわずかな隙を狙っているので、2重、3重の防犯対策も大げさではありません。
自動車盗難が行われる時間は、人目の少ない深夜から朝に集中して、自動車の盗難は発生しています。
駐車場も防犯対策を取ってないところは危険です。
できるだけ、防犯カメラや防犯灯を整備した駐車場、そして管理者のいる駐車場を利用して下さい。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:車が狙われる場所と時間帯  |  トップページ  |  次の記事 防犯:盗難車の多くは海外へ運ばれます  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo