Top >  防犯:対策 >  防犯:自転車でのひったくり

スポンサードリンク

防犯:自転車でのひったくり

自転車に乗っている時の防犯対策は、前カゴのガードです。
自転車カゴにバッグを入れ、ひったくり防止ネットなどを付けずに走行している人場合は、
ひったくりの被害にあう危険性があります。
ひったくりの被害者の9割以上は女性です。
仕事や買い物などから自転車で帰る道すがら、
バイクに乗った犯人からバッグを奪われるケースが多くなっています。
こうしたひったくりは、ちょっとした防犯の工夫で被害に遭いにくくなります。
自転車の前かごに鞄や貴重品を入れるときは、
引ったくり防止用ネットを利用すると防犯に効果的です。
ひったくり防止用ネットは、自転車用品店やホームセンター等で購入できますが、
雑誌等をカバン、ハンドバッグ等の上に置くだけでも効果があります。
また、防犯ブザーをバッグの中に入れて、
ひもの先を自転車などにくくりつける方法も防犯に効果的です。
万が一ひったくられてもブザーが鳴るので、
犯人はバッグなどを捨てて逃げる可能性が高いのです。
ひったくりは、防犯行動を実践すれば、被害を防止できる犯罪です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:空き巣が狙う時間帯  |  トップページ  |  次の記事 防犯:車上荒し  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo