Top >  防犯:犯罪 >  防犯:上層階の部屋での空き巣

スポンサードリンク

防犯:上層階の部屋での空き巣

下着泥棒などは道路から手が届く範囲で、1階の部屋を狙う事が多いようですが、
空き巣は通行人の目の高さでない上層階の犯罪も多いのです。
特にオートロック設置があるマンションは、防犯において隙がある所帯が多く、
所帯数も多い事から、同じ建物に誰が住んでいるのかとの関心も薄い為、
不審者が入り込んでも怪しまれにくいと思われるからです。
空き巣犯の中には、侵入後は玄関から堂々と出て行くケースの犯罪もあります。
上階に行くほど入居者に出会う機会が少なく、
人目につきにくいので空き巣にとっては作業がしやすいようです。
たとえ2階以上のところに住んでいても注意が必要です。
そして、1階の場合は、特に駐車場や公園などに面している場合は、
物色されやすいので注意が必要です。
塀や垣根が高い1階の部屋は人目につきにくく、犯罪が行われる確率が高くなります。
逆に道路からよく見える部屋は狙われにくい傾向にあります。
安全な暮らしの防犯対策のポントとしては、2階以上の部屋でも戸締まりを行い、
窓ガラスやドアには防犯ガラス、2重鍵でしっかりと防犯対策をすることが重要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:携帯電話やパソコンでホームセキュリティ  |  トップページ  |  次の記事 防犯:空き巣が狙う時間帯  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo