Top >  防犯:プライバシー >  防犯:プライバシーを守るガラス

スポンサードリンク

防犯:プライバシーを守るガラス

防犯面においても、窓から中を覗かれにくいガラスにして、
プライバシーを守ることはよい事です。
防犯上や、プライバシーを守るために簡単な方法は、
ブラインド、カーテン、不透明なガラスなどで窓ガラスを隠すことです。
しかし、カーテンやブラインドを閉めていては、部屋は昼間でも暗く、
不透明なガラスは少々は明るくなりますが、外を見ることは出来ません。
いくら防犯や、プライバシーの為とはいえ、こんな部屋では湿っぽい感じがしますね。
そんな場合に役に立つのが、視界を遮らない透明なガラスなのに、
見る角度を変えると不透明になって、プライバシーを守るという高機能なガラスがあります。
プライバシーの保護を考慮した利用方法や、
直射日光を拡散しやわらかな光を取り入れる場合などに最適です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:忍び込みとは  |  トップページ  |  次の記事 防犯:盗聴  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo