Top >  防犯:犯罪 >  防犯:忍び込みとは

スポンサードリンク

防犯:忍び込みとは

空き巣の犯罪の一つである、忍び込みは、家人が就寝中に室内に侵入し、
金品を盗む犯罪の方法ですが、万が一、家人と遭遇すると居直り、危険性のある犯罪です。
就寝前には、今一度各部屋の施錠の確認をして、被害に遭わないよう防犯対策をして下さい。
侵入されやすい場所は、1階の裏手、勝手口、台所、浴室、洗面所、トイレなどの無締まりの窓などから侵入します。
特に1戸建ての家が狙われやすい理由は、2階建て以上の家の1階に忍び込むことが多いからです。
寝ている階が上階のことが多いので気づかれにくいからです。
忍び込みのドロボーは、最悪の場合、強盗や殺人事件などの犯罪に発展する場合もありますから危険です
防犯対策としては、鍵を掛けるのはもちろんのこと、狙われやすい窓には防犯ガラスがお勧めです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:居空きとは  |  トップページ  |  次の記事 防犯:プライバシーを守るガラス  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo