Top >  防犯:犯罪 >  防犯:居空きとは

スポンサードリンク

防犯:居空きとは

居空きとは、家人等が在宅し、昼寝や食事などをしている隙に、
人の居ない部屋から侵入し金品を盗む犯罪のことを言います。
家にいるときは通常リラックスしており、まさか自分がいる時に空き巣が入ってくるとは考えない方が大半です。
空き巣の侵入手段を見ると、
施錠がされていないところから侵入されておるケースが多く、
次に多いのがガラス破りによる侵入です。
在宅であるということで安心して、防犯に対しての意識が緩みやすく、
扉や窓に鍵をかけていない場合に居空き犯罪に狙われます。
防犯の為には在宅時でも、出入口や無人の部屋の窓にカギをかける習慣をつけることが防犯対策となります。
特に居空きに狙われやすいのは、一戸建てです。
一戸建ては部屋数が多く、最近では3階建ても増え、
犯罪をおこす居空きにとっては見つかりにくいからです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:空き巣とは  |  トップページ  |  次の記事 防犯:忍び込みとは  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo