Top >  防犯:犯罪 >  防犯:空き巣とは

スポンサードリンク

防犯:空き巣とは

空き巣とは、留守中に侵入し、現金や品物を盗む犯罪です。
空き巣の犯罪手口は多様化しており、時間帯を見計らい、
施錠されていない玄関から堂々と侵入する方法や、
焼き破りや三角割りといわれる方法で、
ガラスにひびを入れドライバーなどで鍵をこじ開け侵入する事もあります。
きちんと鍵を掛けていても、ピッキング、サムターン回し、
カム送り開錠という方法で鍵を開けるので鍵にも防犯対策をする必要があります。
空き巣の犯行がもっとも多い時間帯は、午後1時から4時ごろだと言われています。
これは、買い物などをして外出していたり、在宅していても昼寝をしているなど、
防犯に対しても気が緩みがちな時間帯が、犯罪の対象として狙われている事になるようです。
外から見て留守と分かる部屋が被害にあうケースも多いので、
留守だと思われないように自宅を外から見直し、防犯を心がけて下さい。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:空き巣の手口〜シリンダー無施錠狙い  |  トップページ  |  次の記事 防犯:居空きとは  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo