Top >  防犯:対策 >  防犯:空き巣の手口〜シリンダーもぎ取り

スポンサードリンク

防犯:空き巣の手口〜シリンダーもぎ取り

シリンダーもぎ取りというのは、空き巣犯がやる手口で、
シリンダーを強引にもぎ取って開錠してしまう方法です。
丸い取っ手の真中に鍵穴のあるノブタイプの錠前は、
強引に引っ張ると取れてしまい、そこから開錠して侵入するので、
防犯上非常に問題があります。
このタイプのドアノブは、洗面所や間仕切で使用される分には問題は無いのですが、
外部に面した扉には防犯上不向きといえます。
防犯対策としては、シリンダーにカバーを取付けるなどの方法もありますが、
補助錠の取付が防犯対策としてはもっとも効果的です。
防犯性を高めるためには、破壊が困難な補助錠を取り付けることが防犯対策には有効ですが、
シリンダーの飛び出し寸法が少ない、
もぎ取りなどの破壊行為対策に効果的なシリンダーに交換する事をオススメします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:空き巣の手口〜バールによるこじ開け  |  トップページ  |  次の記事 防犯:空き巣の手口〜シリンダー無施錠狙い  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo