Top >  防犯:安全な暮らし >  防犯:侵入犯が避けるワンドア・ツーロック

スポンサードリンク

防犯:侵入犯が避けるワンドア・ツーロック

侵入犯の大半は、侵入に5分以上かかる家は避ける、と言われているので、侵入に時間が掛かりそうな防犯対策をしましょう。
まず、簡単に浸入されない住宅にする為に、ドアのロックを、ワンドア・ツーロックにすると、防犯効果が高まります。
一つのドアに2つのカギを取り付けることで、空き巣からの被害に遭う確率をぐっと下げ、安全な暮らしに近づきます。
もちろん2つ以上のカギを付けることは、安全な暮らしに、更なる防犯効果を期待できるでしょう。
そして、家にいるときも、ドアのチェーンはかけておきましょう。
特に一人暮らしの場合は、空き巣被害でなく、自宅にいる場合に侵入犯がやってきても、助けてくれる人が居ないのでとても危険です。
金銭的な被害だけでなく、命を狙われるなど、最悪の状態も考えられます。
安全な暮らしの為に、玄関のドアだけでなく、勝手口や通用口にもワンドア・ツーロックを取り入れ、防犯対策することをオススメします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:ご近所付き合いを見直す  |  トップページ  |  次の記事 防犯:空き巣の手口:ピッキング  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo