Top >  防犯:対策 >  防犯:新聞や郵便物を溜めない

スポンサードリンク

防犯:新聞や郵便物を溜めない

新聞や郵便物けの溜まり具合で、住人が不在だと一目でわかり、空き巣に狙われやすい家となってしまいます。
住宅侵入盗の手口は空き巣が多いので、長期間家をあけるためには、留守だと分からないように、あらかじめ防犯対策をしておくことが必要です。
まず、防犯対策の為に新聞をとめておくことをおすすめします。
また、郵便物の場合は、不在届を最寄りの郵便局へ提出することで、防犯対策となります
不在にする期間と理由を明記した不在届を、身分証明書と一緒に郵便局に提出・提示すれば、最高30日間、受け持ちの集配郵便局で郵便物を預かってくれ、
郵便受けに配達されることはありません。
特に最近は、新聞受けから個人情報を不正入手する犯罪も増えているので、郵便物を溜めない、また取られにくい構造のポストにするなどの、防犯対策が必要です。
小さい郵便受けだとすぐに郵便物が溢れてしまうので、、留守だと悟られてしまうだけでなく、溢れた郵便物を盗まれたり、見られたりする可能性もあります。
防犯対策として、大きな郵便受けにしたり、郵便受けの内側の上部から紙などをたらし、差し入れ口から中をのぞき込んでも見えにくい状態にすることも出来ます。
間違っても、「留守なので配達しない下さい」などと書いた紙を貼り付けるのは止めて下さい。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:自分でもできる住宅の防犯対策  |  トップページ  |  次の記事 防犯:高齢者の住宅  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo