Top >  防犯:対策 >  防犯:自分でもできる住宅の防犯対策

スポンサードリンク

防犯:自分でもできる住宅の防犯対策

自分でもできる住宅の防犯対策は、沢山あります。
防犯には、大金を使うことばかりでなく、ちょっとした意識の改善からも空き巣被害を未然に防ぎ、防犯対策ができるので、まずは出来ることから実践してみて下さい。
一戸建て住宅の場合、庭木が茂っていて、道路や隣の家や窓から見えにくい状態であれば、剪定をして、死角をなるべくなくして下さい。
伸び放題の庭木は、敷地に入り込んでも人目につかないので、侵入者にとっては好都合な庭になってしまいます。
切ってもいい植木であれば、外からの見通しが効くように、低く切ってしまいましょう。
また、家の周りを覆うブロック塀や、物置や大きな荷物などは、視界を遮るだけでなく、2階に上る足場になるので、取り除いて見通しを良くしましょう。
もちろん、外出時や就寝時に、窓やドアの鍵を掛けることは、防犯対策として基本中の基本です。
特に高齢者や、田舎の住宅、また地域によっては、鍵をかけずに外出するなんて事があるようですが、それではあまりにも無防備ですね。
日常生活から、常に防犯意識を高めることを心掛けて、見通しのよい家を目指してみて下さい。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:空き巣に狙われやすい窓  |  トップページ  |  次の記事 防犯:新聞や郵便物を溜めない  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo