Top >  防犯:対策 >  防犯:空き巣の手口〜バールによるこじ開け

スポンサードリンク

防犯:空き巣の手口〜バールによるこじ開け

空き巣犯の手口で、バールによるこじ開けがあります。
これは、凶悪化している外国人窃盗団等にも多く見られる、手荒な手口のひとつです。
バールによるこじ開けとは、建築現場等でよく使われるバールという道具を使って、
扉を強引に破壊開錠してしまいます。
バールを使用したこじ開けは、破壊力が抜群で、いとも簡単にドアを開けてしまいます。
またドアを破られた場合は、侵入され財産を奪われたうえ、
ドアの破損など損害も大きくなり最悪の状態です。
防犯の対策方法としては、バールが使えないようにするガードプレートや、
ワンドア、2ロック・3ロックにする防犯用の補助錠の設置が有効な防犯方法です。
しかし、取り付けのあまい防犯用補助錠や、ガードプレートも安いものをつけて防犯対策しても、
関係なく強引にこじ開けてしまいます。
専門業者などに相談してしっかり防犯対策する必要があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:侵入犯と鉢合わせした場合  |  トップページ  |  次の記事 防犯:空き巣の手口〜シリンダーもぎ取り  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo