Top >  防犯:犯罪 >  防犯:侵入犯と鉢合わせした場合

スポンサードリンク

防犯:侵入犯と鉢合わせした場合

犯罪の種類にはいろいろありますが、空き巣被害で怖いのは、
犯人に鉢合わせした場合でしょう。
犯人は顔を見られることを1番嫌うので、鉢合わせで最悪の場合、
強盗や殺人などの犯罪へ発展することも考えられます。
万が一玄関で、不正侵入があったとわかったら、中へ入らずすぐに警察へ電話をして下さい。
鉢合わせを防ぐ為の防犯対策は、ピッキング・カム送り対策に強い錠前に変更したり、
人が近づくとブザーが鳴る防犯センサーを、玄関の内側に置くことも防犯には重要です。 
そして、就寝中に犯人が侵入してきたら、起きずにそのまま寝たふりをして下さい。
決して、犯人を撃退することはしないで下さい。
犯人は必ず凶器を所持しており、命にかかわるような犯罪へ繋がるかもしれません。
犯人が去った後を確かめたら、すぐ警察へ連絡をしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:合鍵の存在  |  トップページ  |  次の記事 防犯:空き巣の手口〜バールによるこじ開け  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo