Top >  防犯:犯罪 >  防犯:合鍵の存在

スポンサードリンク

防犯:合鍵の存在

鍵の紛失などに備えて、合鍵をつくることは、
誰もが気軽に作っている日常的な行為ですが、
この合鍵の存在が防犯面において、危険を招く原因となる可能性もあります。
住宅の郵便受けや新聞受け、牛乳瓶箱や植木鉢の下などを、
合鍵がないか探す犯罪者が多いため、家の周りに合鍵を置かないようにして下さい。
犯罪者は、下見をすることもあり、鍵の隠し場所を見ているかもしれません。
鍵を外に隠すことは、防犯上非常に危険な行為です。
そして、一般に合鍵は、オリジナルキーをなぞるだけなので、
元鍵とまったく同じものが作られることはありません。
よほどの高性能な機械を使って合鍵を作っても、微妙にずれが出てきます。
そして、微妙にずれた精度の落ちた鍵を使い続けることで、
シリンダー内部を削ったりすることもあり、
最終的にはオリジナルキーでも操作できなくなる事態も考えられ、
犯罪者へと繋がることも否定できません。
中古住宅の購入や賃貸物件など、先住人が使用していたままの錠を使用する場合、
以前使用していた鍵を誰が持っているか分かりません。
この場合は、鍵の交換をしたほうが防犯対策として有効です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:マーキングとは  |  トップページ  |  次の記事 防犯:侵入犯と鉢合わせした場合  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo