Top >  防犯:犯罪 >  防犯:マーキングとは

スポンサードリンク

防犯:マーキングとは

マーキングの目的は、「訪問販売会社の販売員が住人の情報を残し、
仲間にそれを伝えている」「犯罪者が下調べの際の情報を記録している」など様々に言われています。
マンションやアパートの表札やポスト、電気やガスのメーター付近に、
意味不明の数字や文字が書かれていたり、色の付いたシールなどが貼られていたりします。
中には、なにかで彫ったようなキズの場合もあるようです。
このマークには、その家の家族構成や、経済状況、
留守にしている時間などの情報をマークや暗号にして書いてあります。
マーキングの防犯対処法としては、消すことが一番の防犯対策です。
表札やポスト、メーター、その他目につきにくいところに、
何か書き込まれたり貼られたりしていないでしょうか。
もし見つけたら、すぐに消して下さい。
そのまま放置しておけば、訪問販売員や、犯罪者に、
個人情報をばらまいていることにもなり、防犯面において危険です。
身近にある犯罪は空き巣だけではありません。
自宅周りをよく観察してして、不信なマーキングが無いか調べて防犯対策をして下さい。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:防盗金庫とは  |  トップページ  |  次の記事 防犯:合鍵の存在  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo