Top >  防犯:ガラス破り >  防犯:ガラス破りの侵入手口

スポンサードリンク

防犯:ガラス破りの侵入手口

ガラス破りの侵入手口は、ガムテープを貼って行うガラス切りや、ライターでガラス表面を火であぶり、ドライバーで開ける焼破りという方法などがあります。
特に、戸建て住宅の侵入盗の一番多い手口は、窓ガラスの真ん中についているクレセント部を狙って侵入するというガラス破りです。
つまり、クレセントの部分だけ窓ガラスを破り、クレセント部から手を入れて鍵を開けて屋内に侵入するという手口です。
基本的には、クレセントは防災の為の鍵ではなく、防音が目的のものと考えた方がよいでしょう。
その他、軽量のドライバーを使ってガラスにヒビを入れ、音を出さないように破壊するこじ破りがあり、いずれの方法も音はあまり出ません。
また、破壊音をあまり気にしない、手荒な方法で、バールなどを用いてガラスを破壊する打ち破りもあります。
このようなガラス破りに対抗する防災対策としては、侵入盗は人目を最も嫌うので、破壊するのに時間がかかったり、大きな音の出る防犯ガラスにすることも効果的です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:集合住宅を対象とした窓ガラスの対策  |  トップページ  |  次の記事 防犯:空き巣に狙われやすい窓  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo