Top >  防犯:防災 >  防犯:耐火金庫とは

スポンサードリンク

防犯:耐火金庫とは

耐火金庫は、ホームセンターや通販で購入できる、
日本で一番普及している防災に適した金庫です。
耐火金庫は、主に火災対策として使われる防災金庫で、
地震の衝撃や二次災害としての火災まで、あらゆるケースを想定して作られた防災金庫です。
しかし、耐火性本位に造られた防災用の耐火金庫は、
工具等による破壊には耐えることは出来ないので、防犯用には適していません。
金庫は半永久的に使えると思われる方もいると思いますが、
金庫は永久的に使えるものではありません。
耐火材のコンクリートに含まれる水分が少なくなり、
耐火性能が低下するので、耐火性能の有効耐用年数というものがあります。
有効対応年数の基準は、製造後20年というのが一つの目安になっているようです。
一般家庭などでは、防犯・防災用に耐火金庫が使われていますが、
それぞれの性能をよく理解した上で、防犯・防災の用途に合わせた金庫を選びましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:金庫の種類  |  トップページ  |  次の記事 防犯:防盗金庫とは  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo