Top >  防犯:防災 >  防犯:金庫の種類

スポンサードリンク

防犯:金庫の種類

防犯や防災対策に効果的な金庫は、耐火金庫と、
防盗金庫の2つに分類されます。
防災対策に効果的な耐火金庫とは、火災対策の性能を持った防災金庫のことで、
大火災時の消火活動が困難なケースを想定し、耐火試験の基準が設けられています。
JIS規格の合格基準は、庫内最高温度177度以内です。
防盗金庫は、耐火性能に加え、
さらに盗難などの防犯対策として使用される金庫のことで、
工具による破壊工具を想定し、防盗試験の基準が設けられています。
予期せぬ地震や放火をされた場合などは、
いくら自分で防犯・防災に注意していても防ぎようがありません。
万が一、火災や地震が起きたときに冷静に避難できるよう、
耐火金庫で財産を保管しておけば被害を最小限で抑えることも可能でしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:金庫の使用  |  トップページ  |  次の記事 防犯:耐火金庫とは  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo