Top >  防犯:犯罪 >  防犯:金庫の使用

スポンサードリンク

防犯:金庫の使用

万一の犯罪に備え、通帳や運転免許証などは分散して保管し、
キャッシュカードなどは必要最小限の枚数にして、
侵入されてしまった場合の犯罪被害を、最小限にしなければなりません。
貴重品の保管方法や、分散することで被害を抑えることも可能です。
自宅にある現金や貴重品を保管する防犯方法としては、
金庫を利用するのもひとつの防犯対策です。
金庫は、持ち出しを難しくするという点で、ある程度の重さは必要ですが、
金庫を直接床にアンカを打ち込むなどして固定したほうが防犯にはより安心です。
もちろん、鍵やダイヤル番号のメモを引き出しなど発見されやすい場所に保管しない事です。
鍵やダイヤル番号が分かると、侵入犯に簡単に金庫を開けさせてしまい、
これでは金庫を固定しても意味がありません。
金庫を、床や壁と太い鎖でつないだりする方法は、
鎖を切断されて持っていかれる犯罪もあり、オススメできません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:住まいの防犯リフォーム相談員派遣事業  |  トップページ  |  次の記事 防犯:金庫の種類  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo