Top >  防犯:対策 >  防犯:空き巣の手口〜サムターン回し

スポンサードリンク

防犯:空き巣の手口〜サムターン回し

サムターン回しとは、ドアの鍵穴付近にドリルなどで穴をあけて、
その穴から特殊な金属を鍵穴に差し込んで、
ドア内側のつまみを回転させる方法のことです。
サムターン回しは、ピッキングのように、
鍵穴に工具を差し込んで解錠するより荒っぽい手口です。
特に、マンションやアパートの玄関扉の素材は、
合板を使っている場合が多いので、簡単に穴が開いてしまう場合があり、防犯対策が必要です。
合板の玄関扉では、サムターン回しが行われやすいと言えるでしょう。
また、ドアスコープを取り外してしまい、そこから器具を挿入して、
サムターンを回してしまう、というケースもあります。
サムターン回しを防ぐ防犯対策としては、サムターンの周囲にカバーをかけて、
サムターンを回せないようにする方法が防犯対策としては一般的です。
費用をかけない防犯対策として、ペットボトルなどを切ってサムターンをカバーし防犯対策をする方法もあります。
ちょっとした工夫で防犯対策できることもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:センサーライトで防犯  |  トップページ  |  次の記事 防犯:インターホンで防犯対策  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo