Top >  防犯:対策 >  防犯:空き巣の手口〜カム送り開錠

スポンサードリンク

防犯:空き巣の手口〜カム送り開錠

カム送り開錠は、鍵穴とドアの間に針金を差し込み、
不正にカギを開ける行為のことです。
カム送り開錠可能な商品というのはほぼ確認されており、
警察庁より「該当危険機種」として公表されています。
この手口は、鍵穴とドアの間に隙間さえあれば開錠出来るので、
防犯用にピッキング対策された鍵穴でも、意味がありません。
錠の構造により容易なものと困難なものがありますが、
一般的に鍵穴部分のリングは、様々な扉厚に対して取り付けが可能な様に、
数ミリ単位で動くようになっています。
カム送り開錠の防犯対策案としてもっとも有効なのは、
カム送り解錠が不可能な形状の補助錠をつけ、
ワンドア・ツーロックにすることが一番望ましい防犯対策です。
その他、安価な防犯方法ではスペーサーの取付も防犯に効果があります。
スペーサーは数百円で購入できるので、
手軽に出来る防犯対策ですが、これは補助的な対策と考えて下さい。
スペーサーでは、カム送り開錠の根本的な防犯対策にはなりません。
錠前ケース本体にカバーを装着する事もオススメです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:空き巣の手口:ピッキング  |  トップページ  |  次の記事 防犯:センサーライトで防犯  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo