Top >  防犯:安全な暮らし >  防犯:集合住宅を対象とした窓ガラスの対策

スポンサードリンク

防犯:集合住宅を対象とした窓ガラスの対策

集合住宅を対象とした、安全な暮らしの為の窓ガラス対策について説明します。
高層階のマンションに住んでいる場合も、ベランダやマンションの構造によっては、窓から簡単に進入することも可能なので十分注意が必要です。
窓はドアに並ぶ住宅への不法侵入経路ですが、残念なことに窓の「閉め忘れ」自体も多いものです。
窓ガラスを、防犯フィルム入りの窓ガラスに変える方法は、防犯対策に効果的ですが、集合住宅に取り入れにくいという状況でもあります。
例えば、分譲マンションの場合は、窓ガラスは共用部にあたり勝手に変更する事はできません。
賃貸の集合住宅の場合でも大家さんによって、窓ガラスは変更しにくいものです。
なにより防犯ガラスは、費用も高くなってしまうので、簡単に変更できませんね。
この場合、安全な暮らしに役に立つのが、窓ガラス用防犯フィルムです。
窓ガラスの内側に貼る防犯フィルムは色々ありますが、防犯性が高いのは厚さ300ミクロン以上のものが有効です。
しかし、防犯の基礎は、「自分だけは大丈夫」と言う意識を捨てることです。
安全な暮らしを目指し、戸締りや防犯対策をしっかりとして、未然に被害を防ぎましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 防犯:一般住宅を対象とした窓ガラスの対策  |  トップページ  |  次の記事 防犯:ガラス破りの侵入手口  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo