Top >  防犯:安全な暮らし >  防犯:一般住宅を対象とした窓ガラスの対策

スポンサードリンク

防犯:一般住宅を対象とした窓ガラスの対策

空き巣の住宅被害の大半は戸建住宅で、侵入手口は、ガラス破りが最も多くなっていますので、窓ガラスの安全対策は重要です。
安全な暮らしの為に、空き巣の対策をするのなら、まずはじめに窓ガラスへ防犯対策しましょう。
ドアに防犯用の補助錠をつけるように、窓にも補助錠を取り付けて、安全な暮らしを心がけて下さい。
補助錠を付ける場所は、クレセント錠から相当離れた位置に補助錠を取り付けるとガラス破りに要する時間が長くなるので、このような窓は空き巣は嫌うようです。
また、防犯ガラスに取り替えることも効果的ではありますが、防犯フィルムを貼り付けるだけでも有効な防犯対策になります。
防犯フィルムの価格は、比較的安価であり、簡単に貼り付けることができます。
市販の防犯フィルムをガラスに貼る事により、ガラスを破壊するのに時間がかかあわせて補助錠を設置することにより、侵入防止に有効な措置となります。
窓についている「格子」というものがありますが、防犯面においては安心しないで下さい。
格子は簡単に取れてしまうものなんです。
格子は、ボルトで止めてありますので、それを外されると、意外と簡単に侵入できてしまいます。
格子を簡単にはずされない為に、このボルトのねじ山を潰してしまう方法があります。
この方法は、特別な道具も必要ないので費用がかかりません。
次に格子を取る時に手間がかかりますが、安全な暮らしには変えられませんね。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 防犯:集合住宅を対象とした窓ガラスの対策  > 

         
このページについて

このページは「防犯と防災安全な暮らしを約束」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  • seo